着なくなった着物

おふくろの断捨離、身の回りの片付けとして、もう一つ思い出したことがあります。
昔の人っていうと怒られそうですが、おふくろの世代の人だと結構着物って持ってたりするんですね。嫁入りの時に持たせてくれたって人もいるでしょうし、今と違って正装っていうと、着物さえ持っていれば万一の時にも何とかなるみたいなところがありますよね。

そうそう、よく言っていたのは、お呼ばれした時にでも、ドレスなんか買いに行かなくても、着物があれば大丈夫だみたいなことです。礼服を着ないといけないケースじゃなければ、ちょっとしたお出かけでも、着物ならバッチリな気がします。

そんなおふくろなので、実家にあった和箪笥にも着物が何着もしまってありました。でも、年を取るごとにどんどん着物を着る機会が少なくなっていって、着ない着物だけが場所を取って仕舞ってあるって感じでした。そうした着物を処分したいって手紙に書いてあったんです。どうした心境の変化かなって心配にもなったんですが、真っ先に連絡したのは妹でして、「お前がもらえばいいじゃん?」って言ったんですけど、自分はほとんど着物を着ないし、そもそも好きじゃないってことだったんです。

しかたないので、捨てるくらいなら安くても売れるんじゃないかってネットで調べたりして、いくつか見つけたサイトやサービスを妹に伝えて、後は適当に売ってもらうことにしました。→ 着ない着物があるなら
同じように箪笥に眠っている着物って多いんだろうなって、思いを巡らせてしまいましたが、やっぱり、おふくろが「もう着物は着なくていいや」って思ったことだけが、正直淋しい気分になった次第です。